群発頭痛の恐怖から逃れる【症状の特徴を知って見極めろ!】

頭痛

突発性の頭痛について

頭痛

群発頭痛は比較的若い男性に多く発症する頭痛です。季節の変わり目などに特に発症率が高くなり、一定期間同じような激しい頭痛に悩まされます。群発頭痛は目の奥が痛むという特徴があり、血管の拡張が何らかの形で関わっているというのが定説です。群発頭痛の場合には、原因が未だ不明であるため他の頭痛のような具体的な治療法が中々とれないことがあります。ですが昨今では内服薬や点鼻薬、酸素吸入法などを用いてある程度痛みを抑えることが可能です。群発頭痛の痛みは非常に激しいことから、少なからず症状を軽く出来るこういった治療法は人気があります。酸素吸入法の場合には、酸素ボンベや専用機器などを用いて自宅で行なえる点も便利です。医療機関では頭痛発作時の薬と共に、群発頭痛を予防する薬剤も処方しています。このような薬剤を服用しておくことで、突如始まる激しい頭痛を減らせることは大きなメリットです。群発頭痛の場合には使用出来る薬剤にも制限があるため、薬の処方を受ける場合には頭痛に詳しい医師に正確な診断をしてもらうことが大切になります。頭痛は画像診断などで特に病気が疑われない時には、簡単な対症療法が適用されるのが一般的です。痛みが強い場合でも鎮痛薬で様子をみることが多いと言えます。そういった中で、より痛みにアプローチ出来る点鼻薬や酸素吸入法は群発頭痛に悩む方にとって大きな支えです。発作を抑える方法について親身に相談にのる医師も、群発頭痛のケースでは特にニーズが高くなります。

一旦発作が起こると日常生活もかなり困難になるのが、群発頭痛の特徴です。群発頭痛の発作は特定の要因で引き起こされることが分かってきています。アルコールの摂取や急激な気圧の変化などは、群発頭痛を発症させる大きな要因です。従って群発頭痛を持っている場合には、極力アルコールを控えるなどの対処が必要となります。気圧変化の生じやすい山登りも、発作を避けるためには控えた方が無難です。群発頭痛は片側のみに症状が現れることが多いとされています。痛みと共に目の充血や涙、瞼の腫れなどが生じてくることがあり、他の頭痛との鑑別も比較的容易です。発作は特に明け方に多く起こり、じっとしていられない程の痛みが襲います。数時間程度発作は長びくことがあるため、早目に対処をすることがコツです。酸素の吸入法は比較的早く症状が落ち着きます。医師と相談の上自宅に吸入用の装備を用意しておけば、急な発作時でも対処が可能です。この頭痛は背景が複雑です。ですが、実際の所ストレスや過労といった精神的な疲労が関わっていることがほとんどと言えます。働き盛りの男性に多く起こり、日頃の生活習慣が発症要因としても有力です。正確な診断で群発頭痛であることが判明すれば、通常は命にかかわることはないと考えられます。ですが余りの痛みから自殺を考える罹患者も存在するため、群発頭痛は決して軽くは扱えない頭痛です。現在では頭痛を専門に扱う医師も増えているため、画期的な治療法も今後は登場してくる可能性があります。

最もつらい頭痛について

先生

群発頭痛は周期的にまとまって発生する頭痛で、一次性頭痛のうちで最もつらい頭痛です。耐え難い頭痛が片方の眼の周囲などで始まり、眼の腫れや鼻みずなどを伴います。群発頭痛の治療には酸素吸入や薬剤のスマトリプタンが、予防には降圧剤のロメリジンが使われます。

一定期間激痛が襲います

先生

群発頭痛とはある一定の期間に激しい頭痛が主に明け方に起こる頭痛のことで、男性に多いと言われています。緊張型頭痛ほど慢性的ではありません。原因はアルコールの摂取と喫煙、ストレスなどが考えられます。心療内科などでストレスを緩和する手段を学び、生活習慣の改善を行なって、群発頭痛を治しましょう。

辛い痛みと付き合う

悩み

寝起きや就寝時に発症しやすいと呼ばれる群発頭痛は、別名自殺頭痛とも呼ばれ非常に激しい痛みを伴います。症状の改善も簡単ではないため、悩まされた際にはすみやかに医療機関を頼ってみることが重要となります。