群発頭痛の恐怖から逃れる【症状の特徴を知って見極めろ!】

頭痛

辛い痛みと付き合う

発症の共通したタイミング

悩み

本当に辛い痛みを伴う群発頭痛には、発症に共通するするタイミングや痛む場所があります。群発頭痛の発作は、夜に寝始めてから1〜2時間ほどの睡眠のまだ浅い時や、入浴後やスポーツをした後にも発症するケースが多くあります。また飲酒したり、昼寝から覚めたあとなどにもおこり群発頭痛に悩まされている方の多くがこのタイミングで発作がおきます。これらの発作時に共通しているのは、リラックスしている時に発作が起きるという事でとても厄介です。では群発頭痛を発症する、とどんな痛みが何処に起こるのでしょうか。こちらも発症のタイミング同様に共通している点が多いのが特徴です。特に多いのが頭痛と共に、眼の奥の方をえぐられる用に痛み涙と充血、鼻水や鼻づまりを伴い目を開けるのがつらくなります。また肩や肩がこり、重く感じたり違和感が出てきたりもします。その痛みは激しく、一度痛みだ出すとじっとしていられず動き回ったり何かに頭を打ち付けたり、痛みの為に嘔吐したりします。この痛みの苦痛はすぐに過ぎ去るのでしょうか。群発頭痛の発作は、日に1回から多い時に3回ほど起き30分から2時間くらい痛みを伴います。また期間も長いと三ヶ月ほど続く事もあり、時には生活に支障が出る事さえ考えられます。群発頭痛はピークが過ぎると嘘のように痛みが引き、何事も無かったかのような普段の生活にもどれます。そして何ケ月、または数年の間ぐらい群発頭痛を忘れたせいかつが続きます。しかし、忘れていた頃にやって来るのが群発頭痛なのです。

自分なりの対処法

あまりの苦痛に「自殺頭痛」ともいわれる群発頭痛ですが、命には別状はないとも言われています。しかし命に別状はないとはいえ、群発頭痛に悩む方の苦痛は想像以上です。1000人に1人ともいわれる群発頭痛、ではこの耐えがたい痛みの対処法は現在どんな方法があるのでしょうか。数年前では、病院で症状を説明しても理解してもらえなかったと言います。きっと医療の観点からすると、直接的な要因が特定できていない症状に対して、適当な処方箋などは出せないことから対応に悩まされていたのでしょう。しかし現在では群発頭痛に関する治療施術などは広く浸透しており、比較的多くの場所で治療を受けることが出来ます。いままで頭痛の治療といえば、内科で行う場合が殆どでした。しかし最近では精神的な要因により頭痛が発生するケースも確認されているため、それに合わせて精神科や心療内科でも群発頭痛の治療を受けられるようになったのです。心療内科などの精神系の医療機関で治療を受ける場合、他とは違った薬剤などによる治療が行えます。また、薬剤だけでなく生活習慣を改善するアドバイスや心のカウンセリングなども行ってくれるので、頭痛のみならず心の悩み全般を解消することが出来ます。頭痛に悩まされるようになり毎日が辛い、内科などで頭痛治療を受けたが思うような効果を発揮しない、という方は是非精神系のクリニックなどに頼ってみるとよいでしょう。日頃のストレスなどの解消にもつながり、快適な毎日を手にすることが出来ます。